フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名キャサリン・M・ロジャーズ (著)、渡辺 智 (翻訳)
判型
ページ数232
発行年月2018.03
ISBN9784767824413



猫の世界史
定価 : 1,600円+税
内容・概要
猫好き必修科目!

愛される猫、嫌われる猫、可愛らしい猫、したたかな猫
化ける猫、騙す猫、苛められる猫、義理堅い猫……
それでもかかずにはいられない、猫と人が歩んだ4000年の物語

古代エジプトから、古代ギリシャ・ローマの時代から
猫と私たちの関係は始まっています。
今や世界で一番人気のペットとして不動の地位を築きましたが
実はそこまでの道のりは、長く厳しいものでした。
愛されて家族の一員として一緒に暮らしていることもあれば
単なるネズミ捕りとして飼われていることもあれば
悲しいことに、苛めるのにちょうどいいなど、ひどい扱いを受けることもありました。
そんな猫が歩んできた、山あり谷ありの人生(歴史)を
絵画や文学、伝承、映画などからひも解きます。

『源氏物語』では、猫のせいでドロドロの三角関係に陥った?
『最後の晩餐』に参加した猫がいる?
ムハンマドは無類の猫好きだった?
フランスには、雄の黒猫を飼うと金持ちになるという言い伝えがある?
映画『ティファニーで朝食を』に登場した雄猫は、なにもしていないの名誉ある賞を受賞した?
などなど、猫好きなら知っておきたいトリビアも満載の1冊です。

もくじ
1章 ヤマネコからイエネコへ
2章 災いをもたらす猫、幸運を呼ぶ猫
3章 ペットとしての猫
4章 女性は猫、あるいは猫は女性
5章 猫には、猫なりの権利がある
6章 矛盾こそ魅力

著者について
作家、編集者。ニューヨーク市立大学ブルックリン校および大学院センター名誉教授。
18 ~ 19世紀の英文学を研究。退官後は動物や食物関連の多くの書籍を執筆する。
目次
関連書籍