フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名本間至
判型B5判
ページ数239
発行年月2012.04
ISBN9784767812915


最高に気持ちいい住宅をつくる方法
定価 : 1,800円+税
内容・概要
暮らしがつくる住まいと間取りのルール

断熱性能や耐震性能は住宅の基本性能であり、
それを満たすだけでは、気持ちよさ・心地よさを得ることはできません。
したがって、その基本性能を十分に満たしたうえで、
日々の暮らしを考慮した間取りや、住宅全体の形を考えることで、
本当に居心地の良い=気持ちいい家をつくることができるのです。

本書は、この気持ちいい住宅のつくりかたを
部屋別、建物別に分かりやすく紹介しています。
筆者が実践している長期優良住宅も詳しく解説しています。

目次
・第1章 日常から発想する、心地よい場所 15の場所
 キッチンは暮しの要/暮らしから考えるリビング・ダイニングの関係/コージーな家事コーナー
 サニタリーは情緒性と作業性のバランス/第2トイレはパウダールームに/寝室は重心を低く抑える
 フレキシブルに考える子供部屋/自由空間としての和室/間をつくり出す多目的スペース
 地下室を快適環境にするコツ/玄関は暮らしから導く/暮らしを豊かにする階段
 廊下は部屋の一部に/屋外空間を「住み」こなす/坪庭の潤い効果

・第2章 暮らしを包む2つの流れ
 吹抜けの個性が、暮らしを豊かにする/階段室が気配の接点
 外(庭)を介して内(部屋)をつなげる/天井高の変化で落ち着きをつくる
 居心地は、窓の高さで決まる/使い勝手とプロポーション

・第3章 暮らしから考える、小さな工夫
 暮らしを豊かにするトップライト/暮らしをつなげ、場を仕切る
 建具の開閉は生活をコントロールする/心地よさを生む光と風の動線
 気配を伝える小さな穴/小さく飾る楽しみ/日常の暮らしから発想する

・第4章 生活に溶け込む、家の個性 19の暮らし
 吹抜けを介して生まれる距離感/ゆったり感を生む回遊プラン
 開放感と落ち着きを同居させる/気配を伝える安心感/小さな家に抜けの広さ
 狭小敷地だからこその可能性/旗竿敷地、奥に入れば静かな暮らし
 高さ寸法の抑えが、暮らしに心地よさを/ずれて、つなげて、気配を伝える
 光は暮らしにリズムをもたらす/開いて囲んでコンパクト
関連書籍