フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名ロジャー・ラックハースト (著), 福田 篤人 (翻訳)
判型四六
ページ数
発行年月2017.03
ISBN9784767822884


ゾンビ最強完全ガイド
定価 : 1,600円+税
内容・概要
「一気に読了! もの言わぬはずのゾンビ(あ、しゃべるタイプもいますけど)が
実は時代、社会、人間心理を雄弁に語っていたことの驚き。
大切なことは全部ゾンビから学べ! 」
(大槻ケンヂ氏 帯文コメントより)

留まることを知らず、増殖・変化し続ける「ゾンビ」のイメージ。
彼らはどこで生まれ、どこへ歩みを進めていくのか。

ゾンビを人類学・民俗学的に考察し、
西欧帝国主義や現代資本主義の文脈で捉え直した、超一級のゾンビ文化論。

「ゾンビ」という呼称の語源から、意味の変遷、
タヒチに「実在した」ゾンビの女性、
1930年代のごく初期の映画やパルプ誌での表現など、
ゾンビに関するマニアックな知識も満載。

すべてのゾンビファンに贈る必携の一冊です。



【著者】
ロジャー・ラックハースト(Roger Luckhurst)
ロンドン大学バークベック・カレッジの現代文学教授。
映画、ホラー、サイエンス・フィクション、ゴシック文学などの分野で多くの著書、編書を手掛けている。
直近の作品にはBFIフィルム・クラシックス・シリーズの研究書『Alien(エイリアン)』(2014)、『The Shining(シャイニング)』(2013)のほか、
『The Mummy's Curse: A True History of a Dark Fantasy(ミイラの呪い:ダーク・ファンタジーの本当の歴史)』(2012)がある(いずれも未邦訳)。
目次
第1章
Zombiから「ゾンビ(Zombie)」へ ラフカディオ・ハーンとウィリアム・シーブルック

第2章
ハイチの幻霊 西洋におけるゾンビの原点

第3章
パルプ小説ゾンビの出現

第4章
第一次ゾンビ映画ブーム 『恐怖城』から『ブロードウェイのゾンビ』まで

第5章
フェリシア・フェリックス=メントール 「本物の」ゾンビ

第6章
1945年以降 ゾンビの軍団化

第7章
ゾンビ黙示録(アポカリプス) ロメロの再始動とイタリア製ホラー

第8章
そして世界へ
関連書籍