フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名
判型A5判
ページ数296
発行年月2011.12
ISBN9784767812465



[新版]絶対に後悔しないマンション購入術○と×2012-13
定価 : 1,500円+税
内容・概要
不動産で幸せになるための絶対失敗しないマンション選びのセオリー。

あなたにとって、「マイホーム」とはなんですか?
こう訊ねられたら、みなさんはどう答えますか?
安らぎの場、憧れ、家族が帰る場所、生活の場所、終の棲家、ステイタス、なくては困るもの、一人前になった証......いろいろな答えがあると思います。
ところで、バブル経済が崩壊するまで、日本人は疑うことなく、こう思っていました。
「マイホームは資産である」 しかし、バブルの崩壊は、日本人のマイホームに対する概念を根底から変えてしまいました。
それまで「資産」と思っていたマイホームが、一瞬にして「負債」へと変わってしまったからです。
では、今やマイホームは単なる負債なのでしょうか。
「だから、ライフスタイルの変化に応じて住み替えができる、賃貸のほうが身軽でいいですよ。老後の備えは資産運用で蓄えておきましょう」
確かに、説得力のある意見です。
しかし、満足のいく賃貸住宅を見つけるのも一苦労です。
いったい、どちらの考え方が正しいのでしょうか?
ひとつハッキリしているのは、どちらかが絶対に正しいとか、絶対に間違っているとは言えないということです。
大切なのは、そこに住む人や家族がどういう思いや夢・ライフプランを持っているのか、どこに生活の価値を置いているのか、不動産市場や業界の現実はどうなのか、ということであって、単なる精神論や経済的合理性のみを判断基準にするのは大変危険です。
マイホーム購入の是非は、マスコミや専門家や政治家が決めるべきではありません。
一般論に左右されて、「やっぱり買おう」「やっぱり買わないでおこう」というのではなく、「自分はなぜマイホームを買いたいのか」という自身の「哲学」をしっかりと持つことが、一番大切なのです。
まず、あなたのライフプランや置かれている状況を冷静に考えてみましょう。
このとき、賃貸でいくよりも、購入するほうが理想を実現できる可能性が高く、またその気持ちにぶれがなく本物であるのなら、マイホーム購入への一歩を踏み出せる地点に立っていることになります。
マイホームはあなたたち家族にとって、単に数字だけでは計ることのできない、かけがえのない「資産」となるでしょう。
そのためには、失敗しないマイホーム購入のための基本的かつ本質的な知識と戦略があります。
それをお伝えするのが本書の目的なのです。
目次
●目次
第1章 ”災害対応力”がこれからの住宅選びの決め手!
第2章 チラシにだまされるな!
第3章 不動産屋に泣く人・笑う人
第4章 パンフレットには落とし穴がいっぱい
第5章 モデルルームは誘惑がいっぱい
第6章 青田買いでも失敗しない方法
第7章 契約までがあなたの人生を決める
第8章 内覧会は最後の勝負
第9章 住み始めたら後戻りできない不測の事態が起きたとき 
関連書籍