フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名前島 健, 河内 孝夫
判型A5判
ページ数318
発行年月2014.04
ISBN9784767817842



宇宙一やさしい給排水・衛生・電気設備
定価 : 2,800円+税
内容・概要
建築実務者が知っておくべき給排水・衛生・電気設備のキホンを完全網羅!
設備機器から設計・施工の要点を豊富なイラストでコンパクトに解説!
目次
[給排水・衛生設備編]
1章 給排水・衛生設備の基礎知識
・給排水・衛生設備とは
・給排水・衛生設備の歴史
・給水の水質
・流体力学の基礎(その1)
・流体力学の基礎(その2)
・給排水・衛生設備と環境共生
・給排水・衛生設備に関する法令・規格
・給排水・衛生設備の設計の進め方

2章 給水設備・給湯設備
・排水再利用水・雨水
・飲料水の汚染防止
・バキュームブレーカ逆流防止
・飲料用開放式水槽の汚染防止
・給水方式
・給水圧力とゾーニング
・給水量の算定
・給水機器とその容量算出(その1)
・給水機器とその容量算出(その2)
・給水管径の決定(その1)
・給水管径の決定(その2)
・ウォータハンマの防止
・給湯方式と給湯配管方式
・給湯機器容量の算定
・給湯用熱源機器(その1)
・給湯用熱源機器(その2)
・給湯循環ポンプの容量と給湯・返湯管径の決定
・安全装置

3章 排水・通気・浄化槽・ごみ設備
・排水の種類と水質
・排水トラップ (その1)
・排水トラップ (その2)
・間接排水・排水方式
・排水横管のこう配・排水管径の決定
・排水槽
・通気方式
・通気管の配管方法
・雨水排水設備
・排水の浄化原理
・浄化槽の処理対象人員と性能
・負荷量の算定
・浄化槽の構造

4章 衛生設備・器具
・大便器
・小便器
・手洗器・洗面器
・水栓・シャワー
・ポンプ
・配管材料
・弁類
・保温材

5章 ガス設備・消化設備
・ガスの基礎事項
・都市ガス(LNG)
・都市ガスの供給方式
・液化石油ガス(LPG)
・LPGの供給方式および容器の本数の決定
・ガスの安全設備
・消火設備の種類
・屋内外消火栓設備
・スプリンクラ設備(その1)
・スプリンクラ設備(その2)
・スプリンクラ設備(その3)
・水噴霧消火設備・泡消火設備
・不活性ガス消火設備
・粉末消火設備
・連結散水設備
・連結送水管

6章 施工・維持管理
・機器の設置
・配管の耐震施工
・保温施工
・防食施工
・給水設備の維持管理
・給湯設備の維持管理
・排水通気設備の維持管理
・浄化槽の維持管理
・消火設備の維持管理

COLUMN
・水撃ポンプ
・飲料水配管への逆流事例
・米国における通気配管の変遷
・トイレの歴史
・消火設備の変遷
・建築物の衛生管理

[電気設備]
1章 電気とは何か
・電気設備の位置づけ
・電気がビルや住宅に届くまで
・電気には直流と交流がある
・単相と三相
・戸建住宅・集合住宅の電気設備
・オフィスビルの電気設備
・さまざまな施設の電気設備

2章 電源設備
・引き込み設備
・低圧受電・高圧受電とは何か
・受変電設備のシステム
・発電機設備の設置
・直流電源装置
・無停電電源装置(UPS)
・幹線設備
・動力制御
・住宅のコンセント
・事務室のコンセント計画
・コンピュータシステムへの電源計画
・接地設備
・雷保護

3章 照明設備
・照明設備の範囲
・照明用語
・影について
・光の構造
・明るさについて
・照明器具の種類と照明手法
・住宅の照明
・事務室の照明
・屋外照明
・配線計画と回路構成

4章 情報設備
・電話設備
・情報・ネットワーク設備
・放送設備
・インターホン
・テレビ共同聴取設備
・身障者補助設備
・中央監視設備
・その他情報設備

5章 セキュリティ・防災設備
・セキュリティシステム
・機械警備システム
・認証方式(生体認証等)
・監視カメラ設備
・その他のセキュリティ設備
・防災設備
・防災センター・中央管理室

6章 設計と保守
・計画から運用までの流れ
・基本構想時の役割
・基本設計の役割
・実施設計の役割
・工事入札
・工事施工
・試験立会など
・竣工時の注意事項
・完成後の運用サポート
・計画時に注意すべき検討事項
・主要諸室の計画
・幹線経路の計画
・シャフト計画
・電気室(受変電設備)の配置・断面
・発電機室の配置・断面
・分電盤・動力盤・端子盤の納まり
・照明器具の納まり
・配線器具・スイッチの納まり
・屋上設備の詳細
・屋外設備の詳細
・接地極の詳細
・運用と保守の重要性
・設備機器の寿命
・電気設備の点検1
・電気設備の点検2

COLUMN
・発送電分離とスマートグリッド
・新エネルギー
・新光源
・情報技術
・蓄電池
・弱電技術
関連書籍