フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名テディ・リネール(著),神奈川夏子(翻訳)
判型四六
ページ数192
発行年月2016.06
ISBN9784767821542
最強の柔道家リネール
定価 : 1,600円+税
内容・概要
柔道100キロ超級の絶対王者が初めて語る、27年の人生とその強さの秘密。

史上最年少の18歳で世界チャンピオンとなって以来、
世界柔道選手権大会では8連覇を成し遂げ、
ロンドン・オリンピックでも金メダルに輝いた、
重量級史上最強の柔道家が余すところなく語った初の自伝

■目次
第1章 アスリートの楽園で
第2章 どうってことない!
第3章 柔道はダンスだ!
第4章 トップレベル・スポーツ選手への道
第5章 大人に交って
第6章 勝つための儀式
第7章 いろいろな出会い
第8章 いつになったら一本勝ちするんだ?
第9章 チャンピオン・テディ

終わりに ―柔道の精神
付記 ―日本語版の刊行に寄せて
謝辞


テディ・リネール(Teddy Riner)
柔道100キロ超級世界ランキング第1位(2016年5月現在)のフランス人柔道家。
1989年4月7日、フランス海外県グアドループに生まれる。
5歳で柔道を始めてすぐに頭角を現し、14歳のときにフランスの
強化選手に選ばれる。
2007年の世界柔道選手権大会において史上最年少の18歳で優勝したのを
皮切りに躍進を続け、100キロ超級では同大会で8連覇を飾っている。
(ただし2008年大会は無差別級のみ開催)
2012年ロンドン・オリンピックでは金メダルを獲得した。
得意技は内股、隅返、大外刈りなど。身長204センチ、体重131キロ。
ルヴァロワ・スポーティング・クラブ所属。
目次
関連書籍