フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名加門 七海
判型四六
ページ数260
発行年月2016.08
ISBN9784767822037
たてもの怪談
定価 : 1,500円+税
内容・概要
たとえば会社、スーパー、商店、娯楽施設に社寺、病院、駅すらもが建物だ。
そこを渡り歩いて帰っても、落ち着くところは一戸建てやらアパート、マンション、
最終的には火葬場、墓、と、結局、我々は建物に納まる。
人の生活は建築なくしては成り立たない。そこにお化けが棲みつけば、
当然、彼らは我々の日常に入り込んでくる。
(中略)
私達は死してのちまで、建物を拠り所としている。取り込まれて、憑かれている。
睡眠中の金縛りを始め、世間にある怪談の多くが家の中の出来事なのは、
畢竟、そういうわけではないのか……。(「あとがき」より)


「建物」にまつわる怪の話を集めた、加門七海待望の怪談実話集。
幻の連載『引越物語』に加えて、本書のために新たに4編を書き下ろし。
自らの引っ越しにまつわる不思議な出来事や、自宅での恐怖体験、
訪れた文化財で出会った“この世ならざるモノ"、東京の最新風水事情考察など、
妖しくも興味深い実話怪談が満載!


工藤美代子氏(『なぜノンフィクション作家はお化けが視えるのか 』)も絶賛!

「常々、加門さんは異能の人として尊敬している。
彼女があの世の事物を語るとき、そこにはウソもハッタリもない。
のびやかな筆で、淡々と紡ぐ物語の恐ろしさに胸を衝かれる。
平成の日本に、霊界から送られたあの世の代弁者ではないのか。」
――工藤美代子


■目次
引越物語
道の話 ――終わらない話――
幽霊文化財
ホーンテッド・スウィート・ホーム
夜遊び好き……らしい
ひとり旅の醍醐味
お化け屋敷の話
東京の「顔」――風水の話――
在宅怪談
あとがき


■著者略歴
加門七海(かもんななみ)

東京都生まれ。多摩美術大学大学院修了。
美術館の学芸員を経て、1992年に『人丸調伏令』で作家デビュー。
オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、作品にもそれらの知識が反映されている。
著作に小説『203号室』『祝山』『鳥辺野にて』、エッセイ『墨東地霊散歩』『猫怪々』
『もののけ物語』『怪のはなし』『怪談を書く怪談』『大江戸魔方陣』など多数
目次
関連書籍