フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名近藤誠
判型
ページ数192
発行年月2018.11
ISBN9784767825502



がん治療に殺された人、放置して生きのびた人
定価 : 1,200円+税
内容・概要
2人に1人が、がんにかかる時代の必読書!

「早期発見・早期治療で、がんは治る病気になった」
そう言われ始めて数十年。
でも、本当にそうでしょうか。
元気な人が人間ドックなどで「がん」を見つけられ、
治療をするとみるみるやせ細って、
あっという間に逝ってしまう。

国をあげて早期発見に励んでいるのに、
1981年から40年近く、がんは日本人の死因1位。
ちっとも治る病気になっていません。

本当にがんは治療していいのか。
それとも放置したままがいいのか。
その「答え」が本書にあります。

本書では、
がんを「治療」した人、
「放置」した人の、
その後の経過を
くわしく検証してあります。

治療のベルトコンベアに乗る前に
ぜひ読んでおいてください。
目次
目次
第1章 がんを放置して長生きした人、治療して早死にした人
第2章 がんを切らない選択
第3章 抗がん剤だけはやめなさい
第4章 がんを放置する心得
第5章 「夢の新薬」「最先端医療」「民間療法」のウソ
第6章 がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意
関連書籍