フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名吉田 裕美
判型B5判
ページ数328
発行年月2019.07
ISBN9784767826370



AutoCAD LTできちんと機械製図ができるようになる本[AutoCAD LT 2020/2019対応]
定価 : 3,400円+税
内容・概要
汎用CADソフト「AutoCAD LT」の機械設計向け入門書。
一冊通して本書通りに操作を行うと、AutoCAD LTの一通りの操作と機械製図の知識、
かき方をマスターできる一石二鳥の内容となっています。
内容としては、まずJIS製図規格に対応した機械製図の基礎知識を解説。
さらにAutoCAD LTの基本操作、さらに「プレート」「フック」「歯車」「六角ボルト」「レバー」といった
機械部品や機械要素の作図・編集の過程を通して、AutoCAD LTの操作方法や機能を解説。
機械製図に必要な最小限の機能を解説しているので、入門者もやさしく学べるのが特長です。
機械製図において要望の多い、テンプレートの作成方法や、幾何拘束の解説などもフォローしています。
※本書の利用にあたっては、インターネットから教材データをダウンロードする必要があります。
そのためインターネット接続環境が必須となります。

《CONTENS》
第1章 機械系CADと機械製図の基礎知識
1-1 機械系CADとは
1-2 機械製図の規格
1-3 投影法

第2章 AutoCAD LTの基本操作
2-1 本書を使用するための設定
2-2 起動とファイル操作
2-3 画面操作
2-4 コマンドの実行
2-5 座標入力と作図補助設定
2-6 オブジェクトの選択と選択解除

第3章 機械部品の図面を作図する
3-1 プレートの作図
3-2 キューブの作図
3-3 フックの作図
3-4 ストッパーの作図
3-5 留め金の作図

第4章 機械要素の図面を作図する
4-1 パッキンの作図
4-2 歯車の作図
4-3 六角ボルトの作図

第5章 図面を編集する/便利なその他コマンド
5-1 六角ボルトの修正
5-2 [回転]コマンドの練習
5-3 [点で分割]コマンドの練習
5-4 知っておくと便利なその他のコマンド

第6章 テンプレートを作成する
6-1 テンプレートに必要な各種設定
6-2 線、画層の設定
6-3 画層の割り当て
6-4 図枠と表題欄の作成
6-5 ページ設定
6-6 テンプレートとしての保存
6-7 図面ファイルの新規作成
目次
関連書籍