フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名宮下 潤也
判型A5判
ページ数160
発行年月2020.02
ISBN9784767827148



東京のかわいい看板建築さんぽ
定価 : 1,600円+税
内容・概要
東京には、戦災や震災を乗り越えた古い建物が多く残っています。
昔ながらの商店街や下町を歩けば、気になるレトロな建物がちらほら……。
実はそれ、「看板建築」かもしれません。

看板建築とは、関東大震災の後に建てられた木造の店舗兼住居で、
正面部分は看板のように銅板やタイル、モルタルなどの装飾で彩られています。
ユニークな装飾は、著名な建築家ではなく、
建主や施工にかかわった職人たちが自由に施したものがほとんど。
型にとらわれない楽しい佇まいが、今も人々の心を魅了しています。

老朽化や空き家化によって日々取り壊されつつある看板建築。
今この瞬間も、減りはするものの増えることはありません。
本書では、今も現役で稼働している貴重な東京の看板建築を集めました。
営業中の店舗は、実際に建物の中に足を踏み入れることもできます。
見て楽しい、訪れたらもっと楽しい「看板建築さんぽ」の魅力が満載です。

【著者紹介】
宮下潤也(みやした・じゅんや)
長野県生まれ。一級建築士。筑波大学芸術専門学群デザイン専攻卒業後、
ゼネコンにて建築設計の仕事に従事する傍ら、2017年より看板建築を題材
としたイラストレーションの制作を始める。独自の目線で切り込む古今東
西の看板建築考察がSNSで話題に。著書に『看板建築図鑑』(大福書林)、
『看板建築 昭和の商店と暮らし』(執筆及びイラスト提供、トゥーヴァー
ジンズ)がある。

【目次】
神田・神保町エリア
日本橋エリア
銀座・築地エリア
品川・芝・高輪エリア
台東・墨田エリア
その他エリア
目次
関連書籍