フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書

商品の詳細
著者名近藤誠
判型A5判
ページ数160
発行年月2020.03
ISBN9784767827247
医者のデマ 科学的根拠によれば医者の「効きますよ」、実はウソでした
定価 : 1,400円+税
内容・概要
体温アップ、グルテンフリー、玄米菜食…
カラダにいいなんて、全部ウソです
図解つきだから、スイスイ頭に入る!
近藤式「医者とクスリに近寄らない68の養生訓」

◆ 本書は、医者が言いふらしているデマを
できるだけ多く紹介し、
本当に根拠のある正しい健康法を
わかりやすく説明した本です。

たとえばよくいわれる「体温を上げると健康にいい」。
みなさんも小学校の理科で教わったと思いますが、
人間は「恒温動物」です。体温が一定に保たれることで
生きていくことができるのです。
しょうがや靴下の重ね履きで体温(深部の温度)が
上がるわけがありません。

むしろ低体温のほうが長生きできると
世界の研究で明らかにされ、体温35度台のがん患者が
いちばん死亡率が低い、というデータまで出ているのです。

しかし、世の中の人は「体温アップで免疫力が上がる」
と、今日もせっせと熱いお風呂に長く入ったりしています。
そうすると、本当に体温が上がってしまい、のぼせて倒れてしまいます。
その結果、風呂で倒れたり溺れたりして命を落とすことになるのです。
近年、日本では年間で約2万人も入浴中に「事故死」しています。
「健康のためなら死んでもいい」という冗談がありますが、
現実に「体温を上げれば健康になる」と思い込んで死んでいる人が
おおぜいいるのです。
ほかにも「カラダにいい」と信じこまされてデマは数えきれないほどあります。
ご自身や身近なかたが健康法や食事療法を思い立ったときに
医者にかかる前に、検査・治療のレールに乗る前に、
本書をぜひ読んで、本当に正しい知識を身につけてほしいと思います。
目次
第1章医者がすすめる「カラダにいいこと」、実はウソでした
第2章医者が教える食事術、穴だらけです
第3章医者がせかす検査、予防のクスリ、ワクチン…逃げるが勝ちです!
第4章がん医者のこの口ぐせ、営業トークです
第5章根拠あり。100歳まで元気に生きる習慣
関連書籍